2.2.1。汎化/特化

いくつかのケースでは、モデリングに興味を持っている特定の特性を持っている実体の発生があります。たとえば、登録もしたいと取り組んでいるプロジェクトはどのよう場合を示すプロジェクトのエンティティとの関係を技術スタッフを追跡したい維持のことも管理者であり、従業員割り当てられている企業が車にしたい価。最後に、年齢、適切な管理の従業員を知っている。同様に、いくつかの機能はすべての従業員に共通があります:すべてのIDで識別される、彼らの名前、姓、住所、電話番号を持っています。

汎化/特化は、一般的な実体があるという事実を反映することができる、我々は、サブクラスのエンティティに特化することができますスーパーエンティティを呼び出す:

a)はスーパークラスの実体が一般的な形式のエンティティビューの一般的な機能をモデル化することが可能になります。
b)のサブクラスの実体は、私たちは彼らの専門分野の特性をモデル化することができます。
あなたは、エンティティクラスのいずれかの発生は、スーパークラスの実体の発生されていることを満たしている必要があります。

意味の一般化は、/特サブクラスのエンティティからの矢印で、エンティティのスーパーに向けられている。

エンティティクラスの例のスーパークラスと

次の図では、マネージャー、技術者と行政訴訟で上記の使用例に対応するスーパークラスのエンティティを、そしてサブクラスのエンティティ、表されます。

汎化/特化では、スーパークラスのエンティティの特性(属性または関係)サブクラスのエンティティに伝播されます。これは、プロパティの継承と呼ばれるものです。

汎化/特化の設計では、2つのプロセスのいずれかを実行することができます:

1)これは、設計者は、まず、スーパークラスの実体の必要性を識別していることを、その後の特別な特性に応じ、必要なサブクラスの実体を認識することができる。このような場合は専門のプロセスに従っていると言われています。

2)別の方法として、デザイナーmodelice第一サブエンティティをクリックし、その共通の特性を実現できることとen -ティティのスーパークラスを識別することです。次に、一般化のプロセスが続いていると言われています。

汎化/特化は、2つの種類に分けることができます:

の従業員の例我々 ...

...対応は、ばらばらにして汎化/特化型のため、誰よりも従業員ができることより。ラベルによって示されるdです。

)論理和。このケースでは、発生する可能性があります2つの別のサブクラスのエンティティの単一のオカレンスのap -セージ。グラフィカルにラベルで示さ民主党

b)は重複。この場合、制限は、以前行われません。グラフィックは、自動的ラベルで示さ米

また、一般には/特もすることができる:

1)合計。この例では、スーパークラスの実体が出現するたびに、サブクラスのエンティティのいずれかに属している必要があります。これは、ラベルTで表される

2)部分。この場合においては、上記の条件を満たす必要があります。ラベルPで表される

一般のスタッフは専門/

我々はすべての従業員は、技術経営または管理する必要があることを前提としているため一般化は/特総従業員です。ラベルTで表される

empleadoT