1.1。データベース設計の段階

データベースの設計は、単純なプロセスではありません。典型的には、情報の複雑さと情報システムの要件の数は、それが複雑にしてください。したがって、データベースを設計する際に分割の古い戦略を適用し、征服興味深いものです。

したがって、各中間結果にいくつかの段階で設計プロセスをブレー​​クダウンしてくださいと、次の段階のための出発点として機能が得られる最後のステージは、我々は結果を希望している。したがってないが、一度にすべての問題は設計に固有で解決するために必要な各段階で、部分問題の単一のタイプに面しています。これは、問題を分割すると同時に、そのプロセスを簡素化します。

3つの段階で設計データベースを分解:

概念設計の結果

世界の場合は三アイデアを我々はかかる、私たちが言うことができる表現が概念設計段階での世界の収率で、結果。

1)概念設計段階:我々は将来の情報技術の構造を独立してBDの採用する必要がこの段階。まだ何リレーショナル使用されているデータベースの種類、階層などのオブジェクト指向アカウント.- DBMS固有の言語がどのようにデータベースを実装する方法をこのように考慮されていないに取り込まれる。このように、概念設計の段階では私たちが技術的な問題を解決するために、同時に心配することなく、情報を構造化する問題だけに集中することができます。

どのようにユニット、この第2項で説明ERモデルで表現概念設計を開発しています。

概念設計段階の結果は、高レベルのデータのモデルで表される。使用広く1つは、ほとんどのER -関係)、省略してイニシャルされるエンティティ(モデルentidadinterrelación。

論理設計の結果

論理設計の結果は、表現の世界になりました。

2)論理設計段階:この段階では、採用する技術に合うように変化している概念設計の結果の一部です。データベースをデプロイすると具体的には、DBMSのモデルに適合する必要があります。例えば、それは、リレーショナルDBMSがされている場合、この段階では、属性、主キーと外部キーとの関係のセットを取得します。

それは、概念的なレベルの情報を構造化する問題を解決しているモデルのデータベースに関連する技術的な問題に焦点を当てることができるという事実のこのステージ。

リレーショナルデータベースの論理設計は、ユニットこの3つの項で説明インチ

その後、彼は、リレーショナルデータベースの論理設計は、リレーショナルモデルにERモデルに変換する方法を参照してください、その出発点としてであるERで表現概念設計モデルを撮影する方法について説明します。

物理設計の結果

設計段階の物理的結果のステージデザインの論理の結果としての表現のである世界。
前の手順の違いから表現され、世界の物理的にアカウントの側面の撮影になりました。

3)物理設計段階:この段階では、DBMSに依存する物理的な実装の問題に加えて、効率化を、完全な達成を目的とした論理設計段階で得られた構造を変換します。

関係からアカウントと論理設計段階で得られているいくつかの関係の組み合わせです任意の関係:たとえば、それは、リレーショナルデータベース、構造の転換の内訳は次の可能性がありますです数は、関係などに計算可能な属性を追加します。する必要がありますが完了し、通常の問題は、実装の ​​物理等、またはページの選択で構成されての(バッファのバッファサイズの物理的な実装の ​​関係は、選択範囲の。

どのように本機の第2項に記載のERモデルで表される概念設計を開発しています。

論理設計の結果

論理設計の結果は、表現の世界になりました。

データベースの論理設計
リレーショナルデータで説明されています
この教育部の第3項。

物理設計段階で良好なパフォーマンスデータベースを取得するためのクエリは、データベースを更新するアクセス道路などとして使用することを考慮するプロセスの特性を取得する必要があります実行と周波数を設定します。また、格納する別のデータであることが想定されているボリュームを考慮する必要がある。未満/ Pの>