(ProERPConnをプラグイン)は、SAPに接続する例をケトル

以前の記事でブログは、バージョンも見て購入することなく才能樹液を接続できることを我々は追加のプラグインやアドオンのオープンスタジオ 。ただ、sapjco.jarする必要はJavaプラグインのあったSAPは無料で提供、顧客、およびコンポーネントを使用し、tSapOutputのtSapInputの才能を。サップとの通信は、両方の読み込みと関数モジュール(RFCの呼び出し)の方法で書き込みができるように、両方の方法を行った。また、才能の有料バージョンではない追加機能は、ウィザードをで、以来、SAPメタデータ(データは、辞書機能モジュールとのBAPI、RFCおよびオンラインテストの取得)と使用のため、より簡単に直接読み込み、含まれて開いているバージョンは、非常にコンポーネントを構成することは困難であるそれらの文書は、その不在によって際立っている。


才能からSAPのナビゲーションのRFC汎用モジュール

)の場合ケトル(私達がしてPentahoのデータ統合、無料フリーバージョンがあるのコネクタご利用いただけます。しかし、プラグインの支払いオプションを介している場合はProERPConnユーロあたり席2900コストの会社でProratioの。彼らは、私がこの例からの描画に使用するものですが、30日間試用版を持っています。我々はどのように設定し、例を使用して説明します。

プラグインの設定(Windows)。

かつて我々はドキュメントとケトル我々の設定に新しい"ステップ"またはコンポーネントを追加するにはファイルの圧縮アーカイブしたメールを受信する、製造元のWebサイトにチェックインされます。手順は次のとおりです:

  • \プラグイン\手順を実行] を解凍ダウンロードしたファイルの[ケトル-ディレクトリ。これは、そこからプラグインの変換のステップやさらなるステップとして、それを使用して利用できるようにするアプリケーションを読む場所です。
  • 樹液コネクタsapjcoをインストールする:前に、それsapjco.jar'のLLディレクトリと同じファイルにドロップ。また、ディレクトリsapjcorfc.dll [ケトル-ディレクトリ]にファイルを\ libswt \ win32のコピーされます。最後に、あなたは、私たちは、SAPからダウンロードしていると、それを置き換えることは[Windows] \ System32にdllをlibrfc32.dll以前のバージョンを持っている場合(あなたがsapjcoをダウンロードしてください顧客する必要がありますかしたユーザーのSAPポータル)。我々が使用してJCOのバージョンは2.1.6または2.1.8です。

時点で、この、我々はケトルを起動し、変換を作成し、新しい、私たちはステップProERPconnの表示の入力グループ- SAPコネクタ。PRORATIO(キーを活性化する要求に配置をダブルクリックするときにウィンドウのデザインの場合私たちに)は、対応するプロダクトキーを送信するために製造元に送ってください。


新しいの入力セクションでもう一歩進めて、利用可能なプラグイン

一度アクティブにすると、コンポーネントは、データディクショナリと一体すべてのSAPからの読み取りのテーブルを作り始めるにご利用いただけます。プラグインするにはどのように理解、我々が知っていることの背後にあるコンテンツは、そのだけでなく、テーブルのデータにこれらの本の使用してリモート機能辞書コールを読んで両方を実行して私たちがすることができますRFC_READ_TABLEの呼び出しは、SAP。ツールの購入は、浮動小数点フィールドの使用を可能にする、パフォーマンスの向上、セキュリティアクセスコントロールを提供しており、バージョン4.7が存在するいくつかの問題を解決する標準にカスタマイズされたRFCの追加を提供しているイベントで樹液。私たちはバージョン4.7にあるので、この例では、デモとしては、このRFCは、改善されていません、私たちは、SAPからの測定値を取るプラグインの不具合のいくつかの問題が発生しました。

のは、データを読み取るの完全な例を見てみましょう。我々は、品目マスタ樹液は、追加のテーブルに対してルックアップが削除されます。

プラグインは、マスター素材からデータを取得する使用します。

まず、SAPのように私たちは、登録の、許可が定義されます接続をデータベース。プラグインを、後にインストールを新規で作成し、我々はシステムを参照してください新しい3タイプと呼ばれるのSAP R /。定義では、接続数(システムを示すシステムのホストを、それがされたインストールされて我々の樹液を名前)ホスト(数を指定します通常00)限り、サーバを持つ複数のは、プリンシパル(樹液クライアント)、言語(Language.重要な定義をため、辞書の復元データが決定、それ以降の言語をれる)、最終的にユーザー名パスワード (それはあなたがこのユーザーを持っているアクセス許可を使用していました。これは、ユーザーが別のテーブルで読むために関数のモジュールはRFC_READ_TABLEとパーミッションを実行する権限を持っていることが重要です)を使用する。


SAPは、プラグイン - 定義されて接続を

明確な接続は、我々はデータを読み取るためのステップを使用することができます。この例では、のは、品目マスタレコード(表マラ)読ませて。データの読み出しと、素材(表Matka)および材料グループ(家族)の説明を完了するには、ルックアップになります。


SAPは、プラグイン - 設定ステップ

絵の中で我々はステップで設定することができるさまざまな要素を参照してください。さんが詳細をそれらのそれぞれでさらに多くのビットを見てみましょう:

  • 樹液接続:樹液は、接続データベースされている接続で定義されて、以前に。
  • テーブル名:データを我々が読んでテーブルの名前。 検索してボタンの表は、辞書SAPデータのテーブルを探し出しウィザードに設定してください。検索は、テーブルの名前を行うことができますが、その説明は、フィールドが、その中に主キーまたは外国人が含まれています。検索では、オブジェクトの説明を取得する言語を指定することができます。

SAPは、プラグイン - セレクションテーブル

  • 選択されたフィールドは:一度テーブル表示では、取得したいあなたはフィールドを選択の名前を。我々はその説明を持つテーブル内のフィールドを既存の回復ウィザードを持っています。

SAPは、プラグイン - 選択フィールド

  • Where句:検索情報を制限します。場合、この項のウィザードは、アカウントにフィールドのデータ型を取ってオートフィル基準状態にフィールドを追加する。ここでは、検索を制限してしまうような状況を示しています。

これらのステップの基本的なパラメータです。また、取得したり、無視して、日付型の変換などをchar型へのレコードの数など、他の値を識別するこのことを念頭に、聞かせての私たちの例を確認します。完全グラフは次のようになります:


SAPは、プラグイン - 例変換を

我々は、SAPから3読書テーブルを行った。 SAPのステップ-材料、マラテーブルには、条件を満たす特定の読み取り、すべてのレコードを。次に、ステップでBUSCA_DESCRIPは (ストリーム参照型)は、SAPの手順でレコードを読んで材料の説明のために検索-概要材質 (MATK説明読書からテーブル)。で簡単な方法の値フローの各しかし、ステップ渡されるものと、されているデータストリームは次に、SAPは 、しないルックアップ我々は、 -概要家族 。あなたは]をフィールド[表記使用して、できるフィールドフローを参照してください)の材料の家族が追加の条件から値を取得するためにはどこテーブルT023T(説明の我々は下の画像になる

"トンレサッププラグイン - ルックアップ"Altキー="は"src =は、"/ / a>を"がfiles/uploads/32image/Respinosamilla_bi/plugin-sap-lookup.jpg

樹液プラグイン - ルックアップ流れ場の条件

最後に(ステップタイプRENOMBRA_CAMPOS選択/名前の変更値の)フィールド名の名前を変更し、合格結果をExcelスプレッドシート(​​我々はデータをより多くの処理を実行したり、宛先テーブルBDに保存できるようになっていた)と。

結論。

Proratioができ、読書テーブルのみをプラグインが常に指摘は、(抽出)、 ポイント強い私たちはフィールドのデータを強調と統合ということです完全にSAPの辞書であり、非常に簡単にダイビングテーブル。才能とSAPコンポーネントと比較すると、この通信は、入力と出力の両方を可能にします。また、私たちに特定の操作(受注作成、実行するために設計された標準のコンポーネントの外国再利用してSAPの本当の統合のための機会をたくさん与える、全てのRFC(だけでなくProratio RFC_READ_TABLEなど)と連携することができます動きが)材料やプロセスを投稿。我々もABAPで独自のRFCを作成し、それが提供するすべての可能性と才能から特定のタスクを依頼してください。ほとんどのお支払いの基本的な、オム/製品データ統合は、/ matrix.php">を才能Integration Suiteは、4000ドルの仕事あたりのコストを持っていますが、リポジトリに含まれてテクニカルサポートを共有するように、アクセスする参加者(のような機能(例えば、高度な)は、SAPワークグループ)です。